ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東海 リニア・鉄道館 #9 (2012/4/19)

2012.04.28 (Sat)
東海ツアーズリニア鉄道館1dayツアーで行くリニア鉄道館を訪れる名古屋日帰りの旅です。
収蔵車輌エリア
 
前回の続き)メインホールの展示車輌の次は収蔵車輌です。ただし、収蔵車輌は車輌に
近づくことはできず、妻部を柵越しに眺めるだけです。では、右から順に紹介します。
 
スニ30形
 
 
スニ30形は鉄道省初の鋼製荷物車です。このスニ30 95は1929年製造。
荷物車は旅客の手荷物などを専門に運搬する車輌で車体が鋼鉄製になり
それまでの車輌より車体強度が増しました。

オヤ31形
 
 
オヤ31形は建築限界測定車です。このオヤ31 12は1937年製造。
車体の周囲に伸びる棒は接触式センサーで、走行しながら建築物に
支障しないか測定しました。

オハ35形
 
 
オハ35形は国鉄鋼製客車の標準型。このオハ35 206は1941年製造。
ガラスの製造技術の進歩により三等客車にも大きな窓ガラスが付けられました。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。