ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【惜別】長野電鉄屋代線 全駅紹介 #1

2012.04.01 (Sun)
2012年3月31日をもって廃止された長野電鉄屋代線の駅を順に紹介します。
屋代駅(駅番号Y1)
 
屋代線の起点となる屋代駅です。しなの鉄道との共用駅で駅業務はしなの鉄道が担当。
私が訪れたときは乗降客もまばらで、かつての特急停車駅も寂しい限りでした。
 
 
改札を抜けて駅舎に接する単式ホームの1番線から撮影。単式ホームの1番線と手前の
島式ホーム2-3番線をしなの鉄道が使用、奥の島式ホーム4-5番線のうち5番線のみを
長野電鉄が使用。

 
4番線には線路があるものの、ホームにフェンスが張られ乗降には使用されません。

 
これはホームの南側にある長電テクニカルサービスの建物です。長野電鉄の関連会社で
今までは長野電鉄の車輌の全般検査などを行なっていたほか、ここでしなの鉄道と線路が
つながっているので首都圏の私鉄やJRから長野電鉄への車輌授受もここで行われました。

 
跨線橋はしなの鉄道は鉄筋コンクリートですが、長野電鉄のホームヘと続く部分からは木製。

 
ホームの屋根や待合室も木製で、本当にイイ味出していました。
次回は東屋代駅です。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。