ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津山線 岡山-津山(2011/8/14)

2011.08.28 (Sun)
2011年夏の青春18きっぷで行く奥出雲おろち号乗車と津山の旧扇形機関車庫を訪れる旅です。
岡山駅
 
前回の続き)岡山で津山行きの普通列車に乗り換え津山へと向かいます。

・・・と、その前に津山行きの発車時間まで発着する列車を駅撮り。まずは、瀬戸大橋線の
マリンライナーに使用される高松運転所5000系(+岡山電車区223系5000番台)。なかなか
四国まで足を延ばす機会がないのでJR四国5000系を撮影したのは多分初めて。
 
JR四国8000系
 
 
続いて、特急しおかぜ・いしづちに使用されるJR四国8000系のうちNHKドラマ坂の上の雲の
ラッピングが施されたL2編成。今年が坂の上の雲の放送最後の年で、このラッピング編成も
年内いっぱいで運行終了の予定なので、おそらく撮影は最初で最後。

381系 特急やくも
 
おとといの米子、昨夜今朝の倉敷に続いて岡山でも381系を撮影。で、結局ギリギリまで
駅撮りしていたため乗車する津山行きの車輌は撮る暇もなく発車間際に駆け込み乗車。(笑)

津山駅
 
岡山から1時間30分で終点の津山に到着。(車輌はキハ47形岡山色)

 
ホームから扇形機関庫方向を眺めると、たくさんの留置されている車輌が見えました。
さすがは津山線・姫新線・因美線の列車が乗り入れる交通の要衝と言ったところでしょうか。

 
駅舎入口の駅名標のとなりに津山城のパネルが掲げられていました。歴史好き、名所旧跡が
好きな人には見どころ満載の津山市ですが、今回寄るのは旧扇形機関庫だけです。(笑)
このあとは旧扇形機関庫へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。