ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木次線 出雲八代-出雲坂根(2011/8/13)

2011.08.22 (Mon)
2011年夏の青春18きっぷで行く奥出雲おろち号乗車と津山の旧扇形機関車庫を訪れる旅です。
出雲三成駅
 
前回の続き)木次から約40分で出雲三成に到着。ここで木次行き(キハ120形)と列車交換。

宍道から1時間走ってくる間に木次・出雲三成と二回も列車交換があると、「木次線って
ホントは列車の本数がそこそこあるんじゃないのか?」って思えてくるから不思議。(笑)
 
 
出雲三成駅の“美味いもの”は笹ずし。(写真には「笹ずし」の文字が写ってませんが)
ほかに仁多牛べんとうと言う牛肉弁当があり購入したかったものの、この日は販売自体がなし。

 
“かぶりつき”には常に子供の姿が。一瞬「信号機?」と思ったけど、残念、順番が違う。(笑)

亀嵩駅
 
亀嵩が舞台になった松本清張原作の映画砂の器(1974年)で有名になった亀嵩駅舎内には
扇屋という蕎麦屋があることで知られ、列車到着にあわせて茹でた蕎麦を販売。

 
ここでは乗客のほとんどの人が購入、もちろん私も購入しました。・・・ただねぇ、蕎麦自体は
悪くなかったけど、うまく切れていないで繋がった麺や茹でむらで硬い麺が混じっていたので
私の評価は星2つ。

八川駅
 
八川でも駅前の八川そばと言う蕎麦屋さんが蕎麦を販売します。(手打ち八川そば700円)

ウィキペディアによると、松本清張原作の映画砂の器(1974年)で当駅の駅舎が亀嵩駅として
ロケに使われたとありますが、“当時”と言うことはおそらく今の駅舎とは違うと思われます。
(ちなみにホームは前回のブログで紹介したとおり出雲八代でロケ)

 
八川を過ぎると左から線路があらわれ合流。そう、ここが木次線最大の見どころ(?)である
三段スイッチバックの始まりです。

 
まもなくスイッチバック駅の出雲坂根に到着します。
このあと奥出雲おろち号はスイッチバックを登ります。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。