ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰本線 米子駅 #3(2011/8/12-13)

2011.08.20 (Sat)
2011年夏の青春18きっぷで行く奥出雲おろち号乗車と津山の旧扇形機関車庫を訪れる旅です。
米子駅
 
前回の続き)時間の許す限り米子駅を発着する列車を撮影します。

これまで紹介した車輌のほとんどが気動車ですが、115系もあったことから分かるように
米子駅前後の山陰本線は電化されています。これは伯備線の電車の乗り入れのためで
伯備線との接続駅の伯耆大山から米子を経て西出雲までが電化区間となっています。
(まっ西出雲まで電化されているものの電車特急は手前の出雲市までの運転ですが(笑))

今回は伯備線から乗り入れる電車列車です。
 
381系 特急やくも
 
岡山-出雲市を結ぶ特急やくもです。車輌はカーブを高速で走れる振り子式の381系。現在は
すべての列車が内装・外装をリニューアルした通称「ゆったりやくも」となっています。

JR西日本285系 サンライズ出雲
 
サンライズ瀬戸・サンライズ出雲として運用される285系です。サンライズ出雲は東京-岡山を
サンライズ瀬戸と併結、岡山で分割し東京-出雲市を結びます。

さて、このあたりで初日は終了。ホテルに戻り早めに就寝。
米子駅
 
旅行2日目、奥出雲おろち号乗車のために朝7時に米子を出発。

 
駅前には山陰で初めての鉄道路線を記念した山陰鉄道発祥地の碑と、モニュメントとして
C57形蒸気機関車の動輪を展示。

 
車両基地に昨日は少ししか姿が見えなかったねこ娘列車を発見。乗車する予定の列車まで
時間がなかったので他に何も撮影していませんが、これだけは望遠レンズを出して撮影。
このあとは西出雲行きの普通列車に乗車し出雲市へと向かいます。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。