ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京上海の旅 その2 -北京宝辰飯店-

2011.10.21 (Fri)
■1日目 2011.10.14

前回の続き)東直門駅から2度(!?)タクシーに乗り予約してあるホテルに到着しました。
北京宝辰飯店(パラゴンホテル)
 
今回予約しておいたホテルは北京鉄道駅の真ん前に位置する宝辰飯店です。(翌日撮影)

宿泊費はエクスペディアから予約してスーペリアで1泊6000円程度。比較的リーズナブルで
地下鉄の駅にも近く、価格も立地も私好みのホテル。(笑)
 
 
しかも、近くにスーパーやファストフード店があり買い物も便利と、かなり“当たり”でした。

ただ、問題がひとつ。到着日はとことんついてなく、チェックインして渡された鍵の部屋に
行ってみると、ダブルベッドがひとつ。最初はフロントの女の子が間違えたと思いツインへの
交換を申し出たのですが、よくよく聞いてみるとツインルームはすでに満室。

飛行機のディレイとタクシーのトラブルとでチェックインが大幅に遅くなったのが原因なのか、
ツインルームのリクエストが通らず。

さすがに男二人でダブルベッドで寝るわけにはいかないのでフロントに泣きつくと、スイートを
充てがうから今夜はこれで我慢してくれとのこと。(でも、二部屋には変えてくれない(笑))
ほかに方法がないので(と言うか、ホテル予約サイトの規約でツイン、ダブルは保証されない)、
これで泣き寝入ることとなりました。

では、今宵のお部屋を御覧ください。

 
こちらがリビング。(兼、今夜の友人の寝室)。広さは充分だけど、ソファーの柄や照明の
センスがかなり古臭い。

 
この広いベッドを今夜は独り占め。こちらの部屋にも壁掛け液晶テレビがあります。

 
バスルームも広くリビング、ベッドルームの両方から出入りできるつくり。ただ、広い部屋に
便器がぽつんとあると、用を足してるときに心許なくなる。(やっぱりトイレは別にして欲しい)

エアポートバスのチケット
 
タクシートラブル、ダブルベッド問題をやっと解決して(←解決してないけど(笑))、私が
ホテルの部屋で寛いでいるころに友人は北京空港に到着。エアポートバスのチケットを
購入しホテルへと向かっていました。(今夜ベッドで寝られないとも知らずに(苦笑))
(10/22 「上海広州の旅 その3」に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。