ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本車両センター クモハ123-1(2011/9/4)

2011.09.06 (Tue)
2011年夏の青春18きっぷで行く中央本線の辰野支線を乗り潰す旅です。
123系ミニエコー
 
前回の続き)塩尻で辰野行きの列車に乗り換え辰野へと向かいます。

クモハ123-1は1983年に塩嶺トンネルが開通しローカル線と化した辰野-塩尻の輸送用に
クモニ143-1から改造された車輌で、愛称は「ミニエコー」。

今となっては荷物電車を改造した車輌は珍しくJR東日本管内では123系はこの1両のみ。
1両しかないので車両検査時や多客期は115系が代走するそうです。
 
 
1986年(昭和61年)長野工場改造が143系からの改造。1990年(平成2年)長野工場改造が
ワンマン運転の設備設置。

 
クモハ123-1とJR東海313系の並び。

 
それにしてもJR東海の列車って代わり映えしなくて撮影してもつまらないですねぇ。(笑)

 
続いてJR東日本115系との並び。両者とも国鉄時代とは全く違うカラーに塗られていますが、
それでも数年もすれば貴重な写真となるでしょう。

 
さぁ、それではクモハ123に乗車し辰野に向けて出発!!
このあとは123系に乗り辰野へと向かいます。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。