ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東鉄道 鉄道の日イベント #1(2011/11/3)

2011.11.04 (Fri)
関東鉄道の「第18回鉄道の日イベント」です。
車輌展示
DSC08818.jpg 
関東鉄道の「鉄道の日イベント」、まずは車両展示。左から、DD502形ディーゼル機関車、
キハ0形、キハ2100形、キハ5000形です。
 
DSC08875.jpg 
最新のキハ5000形は「鉄道の日記念号」のヘッドマークを掲出。

キハ5000形5002
IMGP8746.jpg 
キハ5000形は新潟トランシスで製造された最新の車輌です。両運転台でキハ2300形や
キハ2400形との総括制御が可能。また、車体カラーリングが2000番代から一新され、
上下の青い帯が鬼怒川と小貝川、あいだの赤い帯が常総線をイメージするそうです。

キハ2100形2101+2101
IMGP8735.jpg 
キハ2100形は1994年から1996年にかけて関東鉄道が発注したオリジナルの新造車輌で、
それまでの旧・国鉄車と違い、ここからは京成の貸切バスに準じた塗色となりました。

キハ0形001+002
IMGP8741.jpg 
キハ0形は国鉄キハ10・20形気動車の機関や足回りを流用し新潟鉄工所で車体を新造した
車輌です。

DSC08861.jpg 
反対側に回ると↑こんな感じ。キハ0形、キハ2100形ともトップナンバーを展示。

DSC08823.jpg 
最後は関東鉄道に在籍する古いディーゼル機関車、DD502形です。1956年製で軽く50歳を
突破。定期運行には使われていませんが、車輌の入れ替えや回送に使われているそうです。
次回は乗車会に使われたキハ100形です。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。