ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙石線 仙台-あおば通(2011/6/12)

2011.06.29 (Wed)
秋田内陸縦貫鉄道の乗り潰しとJR東日本パスで東北新幹線のE5系はやぶさに乗る旅です。
仙台駅西口
DSC06263.jpg 
前回の続き)新青森からはやぶさに乗車して約2時間で仙台に到着。ウィキペディアによると、
「ショッピング、食事、ホテル等の施設も充実し、文化の発信基地としての役割も担う駅」として
東北の駅百選に選定されているそうです。

まっ、そんなことはどうでイイとして、震災の影響で外壁の修繕をしていた駅舎外壁も元通り
(・・・多分(笑))。 そう言えば、さきほど下車した新幹線ホームも綺麗に修復されていて、
どこが天井の崩落したところなのか分かりませんでした。
(もっとも、私がよく見なかっただけかもしれませんが(苦笑))

ちなみに、仙台で下車したのは約1年ぶり。1年前は仙石線・石巻線・仙山線を乗り潰す旅で、
今は運休している区間も含めてほぼ全ての区間を乗車したものの、一区間乗り残しがあり
次に仙台に来たら乗り潰すつもりだったので、今回はそれを実行に移します。
 
仙石線 地下ホーム
IMGP1376.jpg 
で、その未乗区間と言うのが、仙石線の仙台-あおば通。まぁ、地図で見てもらったほうが
早いですが、実はあおば通駅と仙台駅西口は超至近距離。仙台駅の仙石線地下ホームは
東口寄りにあり、最初の写真の撮影場所だとどちらが近いか分からないぐらい。それでも
ちゃんと仙台駅に戻って仙台から乗車。

IMGP1352.jpg 
仙石線で使用される車輌は仙台車両センター宮城野派出所所属の205系3100番台。
ただし、不通区間を挟んで石巻寄りの区間は運転を再開したものの送電できず、暫定的に
気動車を使ってるそうです。

あおば通駅
IMGP1355.jpg 
仙台を出発して2分弱で終点のあおば通に到着。あおば通駅のホームは島式1面2線。
列車は折り返しで高城町行きになるので、このまま乗車して仙台に戻ることもできますが、
下車して歩いて戻ります。

IMGP1360.jpg 
あおば通駅の改札口は2つ。うち1つは仙台市地下鉄南北線仙台駅との乗換専用なので
実質的には(↑ここ)1ヶ所のみ。小さな駅ですが、乗降客数は仙台に次いで東北No.2。

IMGP1362.jpg 
地下通路の案内看板によると・・・右に進むとあおば通駅、左に進むと仙台駅と、これなら
どちらにも簡単に行けますね。

IMGP1364.jpg 
両駅間は地下通路で連絡していて雨が振っても平気。(笑)5分ほどで仙台駅に戻りました。
次回は仙石線以外の仙台駅で撮影した列車です。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。