ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田内陸縦貫鉄道 阿仁マタギ-阿仁合(2011/6/11)

2011.06.15 (Wed)
秋田内陸縦貫鉄道の乗り潰しとJR東日本パスで東北新幹線のE5系はやぶさに乗る旅です。
比立内駅
IMGP0856.jpg 
前回の続き)阿仁マタギ、奥阿仁を過ぎると次は旧・国鉄阿仁合線の終着駅だった比立内。
ちなみに、奥阿仁-比立内の阿仁川渓谷に架かる橋梁は絶景で、秋の紅葉シーズンには
橋上で徐行運転が行われる・・・そうですが、うかつにも撮影し損ないました。(下車せず)
 
岩野目駅
IMGP0858.jpg 
比立内を過ぎるとここからは旧・国鉄阿仁合線区間。岩野目は秋田内陸線の中で乗降客数が
最低の駅。まぁ、見るからに駅の周りに何もなく当然って感じですが。(笑)(下車せず)

IMGP0859.jpg 
このあたりは線路の両脇に秋田杉の森が広がっています。

大又川橋梁
DSC06150.jpg 
笑内-萱草にある秋田縦貫鉄道撮影の定番スポットである大又川橋梁から車窓を撮影。(笑)
ただ、大又川橋梁は並行する国道105号から手軽に撮れるので次は是非撮影したいですね。

阿仁合駅
IMGP0924.jpg 
秋田内陸線のほぼ中間にある阿仁合に到着。

IMGP0964.jpg 
阿仁合は秋田内陸縦貫鉄道の本社と車両基地のある駅で、ウィキペディアによると
「北緯40度線に位置する北秋田市阿仁地域のシンボルの巨大な三角屋根のある駅舎」として
2002年に東北の駅百選に選定されたそうです。
“車両基地”と聞けばもちろん下車。(笑)次回は阿仁合駅を紹介します。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。