ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津鉄道 会津田島駅(2011/5/22)

2011.05.29 (Sun)
只見から帰る途中に会津田島駅に寄って撮影した会津鉄道の車輌です。
会津田島駅
DSC06127.jpg 
会津鉄道会津線は会津田島を境に南側が電化区間、北側が非電化区間なので、一部の
電化区間に乗り入れる気動車による列車を除き、運転系統が会津田島で分割されるので
会津田島は言わば会津鉄道のターミナル駅。(笑)

会津田島駅の西側には車両基地があり、今回は(運が良ければ(?))まだ見たことがない
「AIZUマウントエクスプレス」が近くで見られないものかと思い寄ってみました。
 
C11形254号機
DSC06125.jpg 
まずは駅前に静態保存されている国鉄会津線で活躍したC11-254を撮影。同じC11形でも
デフ(除煙板)の形状が違うだけで、先ほどまで撮影していたC11-325とはかなり違う印象。

IMGP0682.jpg 
IMGP0684.jpg 
駅の裏にまわると道路からよく見える場所に留置されていたのはAT-601(上)とAT-501(下)。
AT-501は車体側面に会津地方のキャラクター「あかべぇ」が描かれています。(JRのまね?)

IMGP0690.jpg 
IMGP0691.jpg 
続いて、AT-351(上)+AT-103(下)の編成で運転されていた「お座トロ展望列車会津浪漫号」。
AT-351は車体に芦ノ牧温泉駅名誉駅長の猫「ばす」が描かれています。

IMGP0698.jpg 
「会津浪漫号」の会津田島到着後に入れ替わるように出発した会津若松行きは新1000yen札
発行記念列車のAT-502。車体に野口英世博士と母シカが描かれたラッピング車輌です。

IMGP0700.jpg 
さて、塗装を変更したAT-501やAT-351が見れたものの、一番見たかった「AIZUマウント
エクスプレス」と言えば・・・残念ながら車庫の中。入口から望遠で切り取るのがやっとでした。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。