ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流鉄3000形「若葉」号さよなら運転(2011/5/15)

2011.05.21 (Sat)
流鉄3000形「若葉」号
 
5月15日に流鉄3000形「若葉」のさようなら運転が行なわれたので流山に行ってきました。

まず最初は鰭ヶ崎駅近く。ここは線路と道路が平行していて背景も緑と撮影しやすい人気の
場所。ただ、高さのある三脚や脚立を持ち込まないと手前の柵や草が写り込んでしまうので
一枚撮影したところで退散。(笑)ちなみに若葉号はさようならのヘッドマーク掲出のほかに、
運転台上部には「惜別」のプレートが掲示されていました。
 
 
続いて、最初の撮影ポイントからさらに流山方に行ったところへ移動。ここも線路と道路が
並行していて、しかも先ほどの場所と違って手前に草がなく柵さえうまくかわせば腕次第で
いいアングルで撮影できます。(まっ、もっともその肝心の腕が無いんですが(笑))

 
「若葉」の引退により流鉄線から3両編成が消滅。これで流鉄の車輌は全て2両編成となり、
すでに実施されている完全ワンマン運転と合わせ縮小均衡の経営が続いています。
次回は同時に撮影した流鉄5000形です。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。