ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたらせ渓谷鐵道 水沼駅&大間々駅(2011/7/17)

2011.07.25 (Mon)
ぐんまツーデーパスSPで行く群馬県内の路線乗り潰しの旅です。
水沼駅
 
前回の続き)間藤から桐生行きの普通列車に乗り約1時間で目的の水沼に到着。

神戸から4つ目の水沼で途中下車。ここは水沼駅温泉センターと言う日帰りの温泉施設を
併設している駅で、今回の下車目的はもちろん温泉入浴。(笑)

ホームは相対式2面2線で、温泉施設は上りホーム側、自動券売機のある駅舎(入口)は
(この写真に写っていない)反対の下りホーム側にあり、クルマで来たときは水沼駅前に
駐車して駅の跨線橋を渡って入ります。(その場合でも無人駅なので入場券は必要なし)
 
カッパ露天風呂
 
私が入浴したときは露天風呂に誰もいなかったので失礼して写真を一枚。(笑)

風呂は内湯と露天風呂の2つがあり(ただし脱衣所から浴室までそれぞれ別)、露天風呂は
トロッコ列車運行日のみ営業となります。(入館料600円・フリーきっぷ利用者は2割引)

 
少し熱めのお湯で、しかも群馬の熱風も暑くて露天風呂は20分ほどでギブアップ。次の
列車まで時間をゆっくりクーラーの前で過ごしてから、後続の列車に乗り旅を続けました。

 

大間々駅
 
水沼から3つ目の大間々で再び列車交換。大間々は停車時間が長いので、今回も列車を
降りて駅舎やホームから車両基地を撮影。

 
さっきまで渓谷沿いの自然豊かな風景だったのが大間々まで来ると一変して完全市街地。

大間々はトロッコ列車の始発駅でわたらせ渓谷鐵道観光の拠点なので駅前に観光バスの
駐車スペースや有料駐車場を完備。また、社員配置駅で改札もあります。

 
車両基地もあるのですが、残念ながらホームからはこれと言った車輌は撮影できず・・・
そのまま桐生行きの列車に乗り続け相老へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。