ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたらせ渓谷鐵道 トロッコわたらせ渓谷号(2011/7/17)

2011.07.23 (Sat)
ぐんまツーデーパスSPで行く群馬県内の路線乗り潰しの旅です。
トロッコ列車「トロッコわたらせ渓谷号」
 
前回の続き)わたらせ渓谷鐵道の車輌、最後は観光列車のトロッコわたらせ渓谷号です。

運転は春から秋までの週末を中心に大間々-足尾の1往復。定員制で乗車には乗車券の
他にトロッコ列車の整理券が必要です。

今回はダイヤの兼ね合いもさることながら、ぐんまツーデーパスSP(とワンデーパスSP)が
フリーエリア内で唯一わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車を除外していて乗車するには別途
乗車券と整理券を必要としたので乗り継ぎ計画を立てるときに選択肢から外しました。

もっともわたらせ渓谷鐵道側からすれば、ぐんまワンデーパスSPが1900円、同じく
ツーデーパスSPが3600円とわたらせ渓谷鐵道1日フリーきっぷ1800円とほぼ同額なので、
これで一番人気のトロッコ列車にプラス整理券だけで乗られちゃたまらないんでしょうね。
 
わ99形 5010・5020・5070・5080
 
客車は4両編成、中2両がトロッコ車輌でその前後に窓ガラスのある普通客車が付くかたち。

ウィキペディアによると普通客車はJR東日本から購入したスハフ12形客車、トロッコ車輌は
京王電鉄から購入した5000系電車を改造したものです。(これが京王5000系とは凄っ(笑))

 
撮影は神戸駅の列車交換で、一番上の正面からの写真は乗車していた車内から。最後は
跨線橋の上から後ろ姿をお見送り。

 
神戸駅では併設しているレストラン清流でやまと豚弁当(1000円・特製手拭い付き)を購入。

この弁当、作り置きをしないとかで電話注文が必要とあったので予約しておいたのですが、
行ってみたら予約漏れで危うく買いそびれるところでした。(オイオイ勘弁してくれ(笑))

 
すべて国産食材にこだわり、やまと豚を特製タレで味付けした豚丼は最高でした。
次回は乗降したわたらせ渓谷鐵道の駅です。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。