ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久留里線 キハ30形・キハ37形・キハ38形(2011/7/10)

2011.07.16 (Sat)
久留里駅
IMGP6434.jpg 
最後は再び久留里駅。(って言うか厳密に言うとホントは違うんだけど(苦笑))
 
IMGP6432.jpg 
上りの木更津行きと下りの上総亀山行きが列車交換。

キハ30形
IMGP6438.jpg 
久留里線のキハ30はリバイバルカラーでクリーム色と朱色の国鉄色に塗られ、ドア扉が
ドア上のレールから車体外側に吊り下げられる外吊り式が外観上の特徴となっています。

キハ38形+キハ37形
IMGP6431.jpg 
白地に青と緑のライン、貫通扉が黄色のカラーが当線区専用塗色の“久留里線色”です。
では、以前撮影した写真で車内を紹介します。

DSC06310.jpg 
・・・ところで、この開閉ボタン、生きてるの?死んでるの?(笑)

DSC06311.jpg 
久留里線キハ38形の車内。

DSC06312.jpg 
久留里線キハ37形の車内。どちらもロングシートで通勤通学時間帯は使いやすいだろうけど、
まっ、ローカル線の旅情という点ではイマイチですね。(何、勝手なことを(笑))
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。