ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐんまワンデーパスSP・ぐんまツーデーパスSP

2011.07.06 (Wed)
 

<ぐんまワンデーパスSP・ぐんまツーデーパスSPの概要>

群馬県内のJR全線、両毛線全線、東武鉄道桐生線全線、小泉線全線、伊勢崎線
川俣~伊勢崎間)、佐野線(館林~佐野間)、上信鉄道全線、上毛電気鉄道全線、
わたらせ渓谷鐵道全線の普通列車自由席が乗り降り自由。発売期間は、2011年
6月1日(水)~9月30日(金)まで。利用可能期間は7月1日(金)~9月30日(金)のうち、
ぐんまワンデーパスSPは1日間、ぐんまツーデーパスSPは連続する2日間。発売額は、
「ぐんまワンデーパスSP」が大人1,900円、子ども950円、「ぐんまツーデーパスSP」が
大人3,600円、子ども1,800円。発売箇所は、フリーエリア内の主な駅のみどりの窓口、
びゅうプラザ及び主な旅行会社(一部取り扱い不可)。ただし、フリーエリア以外の
びゅうプラザ及び主な旅行会社では、フリーエリアへの旅行商品とセットで発売する
場合のみ、購入可。
さて、週末の群馬県内乗りつぶしの旅で使用予定のぐんまツーデーパスSPですが、
やはりネックとなるのはフリーエリア内のみどりの窓口で購入。

つまり、あらかじめ地元のみどりの窓口でぐんまツーデーパスSPを買って当日は
東武伊勢崎線川俣までの切符を購入し佐野や伊勢崎まで乗り通すと言うことは
出来ないので、とにかくなるべく安くフリーエリア内JR駅にたどり着く必要があります。

考えられる方法としては、JRだと宇都宮線で小山か高崎線で高崎、東武鉄道だと
栃木か佐野に出るか。ただ、川俣以北がフリーエリア内なのに川俣から先のJR駅まで
運賃を払って乗るのはもったいないような気が・・・はて、どうしたものでしょう?(笑)
 
で、今考えている大まかな予定としては、初日は両毛線のフリーエリアに出たら、まず
桐生に行きわたらせ渓谷鐵道を往復、戻ってきたら上毛電気鉄道を中央前橋まで乗り、
最後は高崎に出て上信電鉄を往復して終了、高崎に宿泊。2日目は上越線で日本一の
モグラ駅、土合を訪ね、渋川まで戻り次は吾妻線を往復、最後は東武伊勢崎線で帰京、
できれば東武鉄道小泉線も乗れればいいかなぁと、かなりの強行日程を考えています。

はたして上手い乗り継ぎ計画が立てられるでしょうか?(ヤベェ週末まで時間がな~い)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。