ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京葉線 ありがとう201系ヘッドマーク掲出

2011.06.20 (Mon)
京葉線201系
国鉄201系電車 
京葉線の201系が6月20日で運行終了になるのにともない7日からK4+54編成の10両1編成に
ありがとう203系ヘッドマークが掲出されているので撮影してきました。ただ、当日のブログに
投稿していたとおり、11-12日の週末は秋田青森、19日は外せない用事があり撮影できる日は
18日のみだったのですが、残念ながら18日はときより雨が強く降る悪コンディションで、結局
ロクな写真が取れずじまい。日頃の記録がいかに大切か思い知らせれたようでしたね。(笑)

※ 故意の嫌がらせかたまたまか分かりませが、窓から手を出してる乗客がいました。こう言う
行為は危険なので絶対にやらないでください。
 
IMGP1382.jpg 
IMGP1400.jpg 
DSC06280.jpg 
場所(駅)を変えいろいろ撮ってみましたが・・・まぁ、どれもダメですねぇ。

(2010年10月京葉車両センターで撮影)
DSC01911_20110915185819.jpg 
昨年の「京葉車両センターフェア」で撮影した201系(とE331系)。実はこのときも雨。どうやら
この日しかないってときの京葉線の撮影は雨に祟られているようです。(笑)

国鉄名残の201系、首都圏ラストラン


青色の車体で親しまれ、2000年からJR京葉線などを走行してきた「201系」が20日、ラストランを迎えた。

 国鉄時代の名残を残す同系が首都圏で雄姿を見せるのは最後とあって、最終到着駅となった千葉県習志野市の新習志野駅には大勢の鉄道ファンが詰めかけ、名残を惜しんだ。

 JR東日本によると、201系は1979年に旧国鉄が導入、オレンジ色に塗られ、主に東京都内の中央線の快速電車用として活躍した。県内では、00年以降に同線から転属してきた車両が青色に塗り替えられ、京葉線や東金線、外房線で運行されてきた。最盛期には8編成が活躍したが、老朽化や緊急列車停止装置(EB)未搭載など時代の流れには勝てず、05年以降は新型車両への移行が進められ、最後の1編成を残すのみとなっていた。

 この日、最後の雄姿を見せた201系は、00年8月から京葉車両センターを拠点に通勤通学など交通手段を支えた車両。新習志野駅の鈴木信男駅長は「地域の皆さんに利用してもらい、車両もうれしかったと思う。労をねぎらいたい」と話した。同駅で雄姿を写真に収めていた東京都武蔵野市の大学生坊垣将史さん(20)も「感謝の思いを込めて車両に乗った。通学で毎日使用してきたので寂しい」と退役を惜しんでいた。

(2011年6月21日11時29分 読売新聞)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。