ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸本線 芦原温泉駅(2011/3/5)

2011.03.11 (Fri)
北陸フリーきっぷで行く定期運用から引退するキハ28形・58形気動車と485系特急雷鳥の
乗車と七尾線の乗り潰しの旅です。
芦原温泉駅
DSC04955.jpg 
前回の続き)富山から上りのしらさぎに乗り下りの特急雷鳥を待ち受ける芦原温泉に到着。

えっ、特急北越に乗り遅れた話はどうなったのかって?まぁ、1月の青春18きっぷの旅での
乗り遅れ以来、時刻表を携帯するようになったしプランB(って言うほどじゃないけど(笑))も
用意していたのでなんなくリカバリ。もっとも特急街道の北陸本線だから可能なんですが。

で、到着した芦原温泉はその名のとおり芦原温泉街の玄関駅。ただ、温泉郷までタクシーで
10分と遠く、駅前は閑散としていてロータリーに飲食店などが数軒あるのみ。北陸新幹線の
建設計画には金沢-福井の設置駅として小松・加賀温泉・芦原温泉が予定されていますが、
正直言ってここは新幹線の駅が要るかな?って感じの寂しい駅でした。(苦笑)
 

サンダーバード
DSC04952.jpg 
さて、特急雷鳥が到着するまではとりあえず“駅撮り”。まずは後続の上りサンダーバード。

しらさぎ
DSC04968.jpg 
続いて場所を移動して下りのしらさぎで特急雷鳥の練習。信号が邪魔なものの特に問題なし。

DSC04974.jpg 
次に駅停車時間を確認して、↑このアングルで撮影してから跨線橋を渡って列車に乗れるか
頭の中でシミュレーション。しかし無理そうなので駅停車中の後ろ姿の撮影は諦めることに。

485系 特急雷鳥
DSC04984.jpg 
10分後、お目当ての特急雷鳥が到着。(う~ん、私の腕ではまぁまぁでしょうか)

撮影のあとはカメラと荷物を抱えホームをダッシュ。息を切らせて階段を駆け上がりギリギリ
飛び乗り成功。(いえいえ、言うほどの駆け込み乗車はしていませんよ(笑))

(車窓)
DSC04995.jpg 
ちなみに乗車したこの雷鳥87号は臨時列車だったものの、パッと見の乗車率は低く50%にも
届いていません。引退が差し迫っている休日なので記念乗車も含めもっと乗客がいるもんだと
思っていただけに、ちょっと肩透かしを食らった感じでしたね。

しかも、私の後ろの席に座った若いカップルは・・・

女:「なんでサンダーバード(681/683系)乗らないで、こんなボロっちい電車乗るのよ!!」

男:「まぁまぁ、この電車は来週なくなるから記念にねッ」

女:「そんなこと知らないわよ!!」

・・・と軽く口ゲンカしてるし・・・(乗り鉄もカノジョがいたらいたで理解がないと大変ですね(笑))

こうして短い区間とは言え特急雷鳥に乗車、旅の目的を一つクリアしました。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。