ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟車両センター485系 急行能登(2011/3/4)

2011.03.07 (Mon)
今回は12日のダイヤ改正で定期運用から引退するキハ28形・58形気動車や485系特急雷鳥を
北陸フリーきっぷを使って乗りに行く旅です。さらにはフリーエリア内の七尾線も乗り潰します。
上野駅
 
北陸フリーきっぷは東京から北陸フリーエリアまでの新幹線+特急列車の指定席往復と
フリーエリア内の特急・急行・普通列車の普通・自由席が乗り降り自由となる大変お得な
特別企画乗車券で、表向き宣伝されていませんが、実はフリーエリアまでの往復には
新幹線+特急列車だけではなく、(臨時化された)急行能登を選択することもできます。

もっとも運賃的には新幹線+特急列車利用のほうが高いで、急行能登を利用すると結果、
割引率が低くなってしまうのですが、夜行で週末の限られた時間が有効に使えると言う
メリットだけのために今回はしかたなく往路だけ利用。
 
新潟車両センター485系K2編成 急行能登
 
上野23時33分発に対し入線は23時15分頃。

 
入線すると種別幕をクルクル。途中いろいろな愛称があったけど、はくたかが綺麗だったので
はくたかを撮影。

 
はい、能登になりました。(笑)

 
 
使用車輌は新潟車両センター所属485系の6両編成。6号車は女性専用のレディースカー、
1号車が半室グリーン席で全席指定となります。(車内の写真はありませんが)、シートは
座面スライド付きではあるもののリクライニング角度が浅く一晩過ごすにはきつかったですね。

急行なので消灯もしないし昨今の夜行バスのほうがよっぽども快適。乗車率が低く2人掛けを
一人で使う状況だったので我慢できましたが、これでムーンライトみたいに満席でとなりに
知らない奴が座ったらかなり厳しかったと思います。はっきり言って好んで乗りたい列車では
ありません。

こうして列車は定刻通り上野を出発。途中、当日のブログに携帯から投稿したとおり大宮の
手前でいきなり人身事故で立ち往生するなんてハプニングが出発早々ありましたが、
疲れもあり大宮を出る頃には就寝、なんとか金沢まで眠ることができました。
翌朝金沢に到着、実質的な旅行1日目が始まります。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。