ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島原鉄道 キハ2500形1両が「赤パンツ」塗装に

2016.01.18 (Mon)

(ニュースサイトによると)島原鉄道は1986年から2008年3月まで採用していた通称「赤パンツ」と呼ばれる車両デザインを1両限定で復刻し1月18日から運行を開始しました。この愛称は車両正面から見るとホームベース状の赤い部分がパンツに見えることから付いたもので、このほどキハ2505A号車に施されました。この車両は2018年度に引退が予定されており、島原鉄道社員の「引退までの花道を飾らせてあげたい」という強い願いから旧塗装が復活したそうです。

 
(ウィキペディアによると)島原鉄道キハ2500形は新潟鉄工所製の軽快気動車標準型(NDCシリーズ)18m級。車体は全鋼製。基本的な仕様はJR九州キハ125形に準規。2013年に改造にともない車両番号末尾にアルファベットのAが付記。形式名もキハ2500A、キハ2550Aと改名。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。