ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島臨海鉄道 新型車両「8000形」導入

2016.01.15 (Fri)

鹿島臨海鉄道は3月のダイヤ改正と同時に大洗鹿島線に投入する新型車両「8000形」の概要を発表しました。(ニュースサイトによると)8000形は老朽化した従来車6000形の置き換えが目的。車内は6000形の二人掛け転換クロスシートから全席ロングシート化し定員は15人多い135人。2ドアから3ドアとなり、さらに低床化され乗り降りがスムーズに。冷暖房効率の向上や台車に空気バネの採用により快適性や乗り心地がアップ。エンジン出力の向上で加速もスムーズに。外観は鹿島灘の海と空をブルー、砂浜と大地をブラウン、大洗鹿島線を表現した赤いラインが入ったデザインとなるとのこと。すでに1両完成し2月に車両一般公開と地域住民向けの試乗会を実施予定。応募方法など詳細は鹿島臨海鉄道のウェブサイトで確認できます。

 
まずは1両とのことなので、いきなり6000形がなくなることはありませんが、そうやって後回しにしているといつの間にか行く機会がなくなるので撮るのも乗るのも計画的にやらないとね。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。