ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京急車の京成本線(高砂-佐倉)での運用復活

2015.12.08 (Tue)

12月5日に京成電鉄・京急電鉄などのダイヤ改正が行われ平日ダイヤのみ京急車の京成本線(高砂-佐倉)での定期運用が復活しました。京急車の京成本線での運用は2010年7月成田スカイアクセス線の開業にともない押上線と北総線の間の青砥-高砂(と厳密には成田空港-宗吾参道間の回送)を除いて消滅しましたが、今回のダイヤ改正で平日に2往復設定されました。

京成高砂京成津田沼京成佐倉
981H9:59発10:22発10:47着快速 高砂発佐倉行き
1180H12:00発11:40発11:14発快速 佐倉発西馬込行き
1281H13:40発14:01発14:25着快速 西馬込発佐倉行き
1680H16:59発16:39発16:14発快速 佐倉発三崎口行き


運用は高砂行きの京急車が高砂到着後に佐倉行きとなり、そのあと佐倉-西馬込を往復。最後は京成本線では一日一本しかない三崎口行きの列車となって京急線に戻っていきます。


ちなみに2回目の佐倉到着後に時間が空いていますが、こちらは一旦宗吾参道に回送。(16時台だとさすがに冬場は撮影は無理だけど、夏場なら佐倉-宗吾参道もいけそうですね)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。