ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本 山田線大志田駅と浅岸駅廃止を検討

2015.11.25 (Wed)

JR東日本が山田線大志田駅と浅岸駅の廃止を検討しているとのこと。(ニュースサイトによると)24日の盛岡市議会全員協議会で市が報告しJR東日本は来年3月のダイヤ改定までに廃止したい意向で盛岡市は存続を求めているそうです。JR東日本の発表では、昨年の利用実績は大志田駅0.4人/日、浅岸駅が0.3人/日。停車本数は大志田駅3本、浅岸駅2本。ただし冬季は通過。

大志田、浅岸の両駅は住所は盛岡市内ですが、山の奥地にあるいわゆる“秘境駅”。利用者がいないことなど昨日今日に始まったわけではないのに何故今廃止が打ち出されたのでしょうか?

旅行情報サイト「タビリス」では、JR北海道の経営合理化を理由とした“秘境駅”廃止の流れが全国に波及していくのでは?と分析。確かに北海道の白滝3駅廃止は鉄道ファンからは惜しまれているものの普通に考えれば廃止が合理的。こういった公共性を優先した秘境駅の維持が経営不振、安全性低下を生むなら廃止も致し方ないという認識が世間に広がるタイミングを鉄道会社は待っていたのかもしれません。となれば、今後際限なく廃止が進みそうで怖いですね。

(2015年12月7日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。