ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都丹後鉄道 特急車両「丹後の海」導入

2015.11.03 (Tue)

(ニュースサイトによると)京都丹後鉄道を運営するWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)は水戸岡鋭治氏デザインによる新しい特急車両「丹後の海」を導入すると発表しました。車両は既存のKTR8000形気動車タンゴディスカバリーを改造し、費用は京都府の補助を受けるとのこと。車体の色は「海の京都」をイメージする藍色メタリックで、車内は(例によって水戸岡鋭治氏お得意の)木材を多用した和のテイストになるそうです。

運行は京都丹後鉄道から山陰本線に乗り入れ京都駅までの区間で、現在タンゴディスカバリー車両が使われている特急はしだてに「丹後の海」車両が使われると思います。導入時期は2015年度中に1編成2両、さらに1編成2両が予定されています。
福知山駅
 
タンゴディスカバリーの画像を探したけど、これしか見つからず。(車体には「天橋立を世界遺産に」のラッピング広告が貼ってありますが、天橋立ぐらいで世界遺産になるの?)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。