ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本 交流区間対応蓄電池電車導入へ

2015.10.28 (Wed)

(ニュースサイトによると)JR東日本は経営構想を更新し、その中で交流区間乗り入れ用の蓄電池駆動電車の導入を盛り込んだとのこと。蓄電池駆動電車は現在、烏山線で直流区間乗り入れ用のEV-E301系蓄電池駆動電車が運用されていますが、東北地方のほとんどは交流電化のため東北地方用に交流区間用の蓄電池駆動電車の導入を決めたのでしょう。ただ、JR東日本は八戸線用気動車に続き新潟・秋田地区に投入する気動車も公募調達で電気式気動車を150~250両も導入することが決まっており、またコストの問題からも車両数はそう多くはないと思われます。
大金駅
 
これは烏山線で撮影したEV-E301系、愛称は「ACCUM」(アキュム)。乗車したことはありませんが、大金駅出発時のスムーズな加速を見ると快適性向上は明らか。

 
新旧交代。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。