ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武鉄道100系「日光詣スペーシア」公開

2015.04.18 (Sat)

東武鉄道が北春日部南栗橋車両管区春日部支所で「日光詣」仕様の金色に塗られた特急スペーシア100系を公開しました。(ニュースサイトによると)9本ある東武鉄道100系のうち103編成が南栗橋工場でゴールドに塗装され4月18日から「日光詣スペーシア」として浅草-日光の営業運転に就きます。

運行初日となる18日は東武トラベル催行の「日光詣スペーシア デビュー記念乗車ツアー」団体専用列車として運転。翌19日は点検で運転予定なし、20日から通常の営業運転に入り特急「けごん」「きぬ」を中心に、おおむね1日3往復前後運行予定で、東武鉄道のウェブサイトで運転列車予定を公開しています。

なお、「日光詣スペーシア」に使用される103編成はJR線直通運転に対応していないため新宿発着の特急運用などには充当されません。(東武鉄道によると)終了時期は未定で次回の全般検査まではこの塗装で運行される予定。ただ、レスポンスでは、東武鉄道100系は1990年に登場し車齢は20年以上、2014年4月の「東武グループ中期経営計画 2014~2016」に新型特急の投入が含まれていたことから廃車前の最後の“お遊び”の可能性もあると記載しています。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。