ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市の梅小路蒸気機関車館 8月30日閉館

2015.02.22 (Sun)

JR西日本が京都市の「梅小路蒸気機関車館」を8月30日で閉館すると発表しました。梅小路蒸気機関車館と一体的に整備される「京都鉄道博物館」の開設準備にともなう閉館だそうです。(記事によると)閉館にともなう特別展示を7月18日から8月30日まで開催。8月中旬には扇形車庫内に留置している蒸気機関車を約3m前進させて展示する「蒸気機関車の頭出し」を実施。閉館日の8月30日には閉館セレモニーも開催予定。
最後ということで、正直行きたい気持ちもありますが、夏までは北海道新幹線開業前の津軽海峡線を見るために青森や函館に行く予定で関西まで手を出す余裕はありません。まぁ蒸気機関車の頭出しは4年前に見たし、扇形車庫が完全になくなるわけじゃないので、諦めるとしましょうか。

梅小路蒸気機関車館が閉館する一方で京都鉄道博物館開館に向けての準備も進んでおり、先日博物館の展示品としてJR貨物から機関車2両と車掌車1両、鉄道貨物コンテナ1個の寄贈を受けたと発表されています。

JR貨物が寄贈した車両は、貨物列車のほか寝台特急『はやぶさ』も牽引したEF66形電気機関車35号機(EF66 35)、DD51形ディーゼル機関車756号機(DD51 756)、最初のコンテナ特急貨物列車『たから』で使用されたヨ5000形車掌車ヨ5008号、19D形コンテナの19D-28901。


なお、京都鉄道博物館の開館は2016年春が予定されていますが、新設される最寄り駅は2019年春開業予定なので3年ほど遅れることになります。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。