ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井鉄道F1000形第2編成運行開始 200形モハ201編成は引退

2015.02.10 (Tue)

福井鉄道が2月18日から超低床型車両F1000形の第2編成の運行を開始すると発表しました。これにともない200形モハ201編成は廃車となったそうです。
すでに導入済みの第1編成はオレンジ色を基調としていますが、今回導入する第2編成は(記事によると)『福井の海と空をイメージしたさわやかなブルーを基調』。F1000形は3車体3台車、全長27m、全幅2.6m、定員155人の低床式電車で、全幅・定員は低床式車両では国内最大。2014年春にローレル賞を受賞した際に『毎年1編成ずつ、合計4編成の導入を予定』とコメントしているので、今後あと2編成導入されると思います。

なお、200形モハ201編成(旧福鉄標準色)は1月30日運用離脱し解体済み。残る200形は202編成(新福鉄塗色)と203編成(福鉄急行色)の2本。今も朝夕のラッシュ時を中心に運行しているので高床車の乗車と撮影は計画的に。ちなみに私は今HDD内を検索したら201編成だけ撮れておらず、記録がないまま“さよなら”となっちゃいました。(たまの福井遠征だけじゃそう都合よく撮れないって(苦笑))
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。