ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニラエア 東京/成田-高雄線を2月1日開設

2015.02.02 (Mon)

格安航空会社(LCC)のバニラエアが2月1日から東京/成田-高雄線を開設しました。バニラエアはこれまで成田を拠点に札幌、那覇、奄美大島、ソウル、香港、台北の国内・国際線を運行していて、高雄は国際線4路線目となります。運賃は預け入れ手荷物などを含まない「シンプルバニラ」で7000円から。燃油サーチャージはは無し、空港諸税等は別途加算されます。
フライトスケジュールはJW121(東京/成田11:45発-高雄15:20着)、JW122(高雄16:00発-東京/成田20:25着)の一往復。毎日運行ですが、高雄→成田は時間的に使いやすいけど、成田→高雄はちょっと時間が中途半端。少し仕事をしてから早上がりで乗るってわけにはいかないし、かと言って朝イチでもない。台湾周遊なら他社と組み合わせて台北in高雄outのオープンジョー的な行程にすると効率的かもしれませんね。

なお、バニラエアでは1月下旬に『機内持ち込み手荷物の確認強化』を発表しており、2月1日から各空港にて係員による機内持ち込み手荷物の確認を強化しています。これは手荷物規定を厳格に運用するとの宣言と思われ、従来サイズや重量が多少オーバーしていても黙認されていたものが、今後は規定以内でなければ(容赦なく?)追加料金が発生するようです。

バニラエアの機内持ち込み手荷物のサイズは三辺合計で115cm以内、56cmX36cmX23cm以内1個、重量は他の小型品目1個と合わせて10kg以内。スーツケースは購入時に大きさを確認すればサイズオーバーしませんが、重量は詰め込み過ぎに注意。その場で荷物の重さが量れる携帯用ラゲッジチェッカーも売られているので、カバンに一つ忍ばせて置くと便利ですよ。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。