ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤ改正で特急「あやめ」廃止、「さざなみ」運転区間短縮

2014.12.21 (Sun)
特急あやめE257系NB-08編成(東京駅)
 
JR東日本千葉支社は来年3月のダイヤ改正で房総特急の大幅な見直しを発表しました。
現在房総特急は総武本線「しおさい」、成田・鹿島線「あやめ」、内房線「さざなみ」、外房線「わかしお」の4種類が運転されていますが、「沿線人口の減少」「高速道路網の充実」「新たな高速バス路線の運行」等によって利用者数が減少。そのため来年3月のダイヤ改正で運転区間や運転本数が見直されることとなりました。

まずは東京-鹿島神宮を結ぶ特急あやめは運転取りやめ。特急しおさいは日中の運転を減便し7往復に。新宿発着も廃止し全列車が東京発着となります。

東京-君津・館山で運転される特急さざなみは下り5本上り3本に減便し運転区間を短縮。全列車が東京-君津の運転となり、君津-館山で定期運転される特急列車は消滅。また、特急わかしおは1往復を減便し計12往復に。ただし、土休日や繁忙期には臨時特急として新宿さざなみ、新宿わかしおなどが引き続き運転されるそうです。

急行すいごうから続く成田・鹿島線の特急あやめの廃止は残念ですが、高速バス路線の拡充を考えるとやむを得ないかなと。ただ、このまま運賃や速度を見直さず縮小均衡だけ進めていくといずれ房総特急すべてがなくなりそうで怖いですね。さしあたり、運行本数の減少で古い255系は?幕張車の配置に変更があるのか?あたりが気になります。

(2014年1月16日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。