ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【惜別】江差線 渡島鶴岡駅

2014.05.19 (Mon)
2014年5月11日で廃線となった江差線木古内-江差の駅を江差から順に紹介します。
渡島鶴岡駅(2013年9月8日訪問)
 
吉堀の次は渡島鶴岡。単式ホーム1面1線の無人駅で駅舎はありませんが、(この写真の)
右側に見える小屋が待合室になっています。ちなみに、ホーム裏の公園は鶴岡農村公園。
木古内町のウェブサイトによると、芝生の広場や人口池や小川もあり、トンボやバッタも多く、
家族で楽しめる公園とのこと。
 
 
乗降客数の少ない無人駅なら待合室なんて必要ないように思えますが、北海道の冬期の
利用を考えると、こんな小屋でも無いと困るんでしょうね。

江差方
 

木古内方
 
渡島鶴岡の次は木古内なので、これで江差線廃線区間の駅は終了。ちなみに、江差線の
区間廃線に先立ち、3月のダイヤ改正時に海峡線の吉岡海底、知内駅が廃止されたために
渡島鶴岡駅が2ヶ月弱だけ北海道内最南端駅でした。


北海道上磯郡木古内町字鶴岡 / 開業:1964年12月30日 / 廃止:2014年5月12日
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。