ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【惜別】江差線 湯ノ岱駅

2014.05.16 (Fri)
2014年5月11日で廃線となった江差線木古内-江差の駅を江差から順に紹介します。
湯ノ岱駅(2013年9月7、8日訪問)
 
宮越の次は湯ノ岱。江差駅と湯ノ岱駅は9月7日に下車、9月8日にクルマで訪れ2回訪問。
ウィキペディアによると、運転業務のため終日駅員配置駅で乗務員宿泊所を備えています。
 
 
駅舎からホームへは構内踏切を渡ります。

江差方
 
島式ホーム1面2線で木古内-江差で唯一列車交換可能。

木古内方
 
8目に撮影した木古内方の写真が見つからないので7日の写真を掲載。

 
江差-湯ノ岱はスタフ閉塞のため湯ノ岱駅ではスタフ授受を見ることができました。


北海道檜山郡上ノ国町字湯ノ岱 / 開業:1936年11月10日 / 廃止:2014年5月12日
次回も廃線となった江差線木古内-江差の駅を順に紹介します。

(2014年7月27日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。