ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰本線 豊岡-鳥取(2013/10/13)

2013.10.22 (Tue)
鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷで行く因美線・姫新線未乗車区間乗り潰しの旅です。
浜坂駅
 
前回の続き)豊岡から浜坂行きの快速列車に乗車して終点の浜坂へと向かいます。

列車は豊岡を出発すると次の玄武洞を飛ばして城崎温泉に停車。城崎温泉は山陰本線で
通るたびに下車して温泉に入っていきたいと思うのですが、今回も時間がなくパス。入浴の
楽しみはまた今度にとっておき先に進むとやがて海岸線沿いに出て名物駅の餘部に停車。
もっとも真っ暗で余部橋梁通過も何がなんだか分からず(笑)。列車は一応快速運転なので
餘部前後の鎧と久谷には停車せず、豊岡出発から約1時間で終点の浜坂に到着。
 
 
浜坂駅で次に乗車する鳥取行き快速列車に乗り継ぎ。車輌はここでもキハ47形2両編成。

 
上り下り留置も合わせて3本の列車が停車中。車輌はすべてキハ40系。JR西日本としては
地元が負担してくれない地域はボロい国鉄型車輌を残すというスタンスなんでしょうね。

 
乗り継ぎ時間はたっぷり25分もあるので駅を出て軽食でも買いに・・・と言っても、駅前には
コンビニの一軒もなく特に何も買えず。とりあえず、ドリンク1本購入。

鳥取駅
 
最後は浜坂から鳥取行きの快速列車に乗車し約50分で終点の鳥取に到着。乗車前から
分かっていたことですが、やっぱり大阪から鳥取は遠い!! 到着後は急ぎ今宵のホテルへ。

天然温泉「因幡の湯」スーパーホテル鳥取駅北口
 
今夜の宿泊は私の中でビジネスホテルランキングNo1のスーパーホテルの鳥取駅北口。
宿泊プランは『【秋得】クオカード1000円プラン♪出張者応援<温泉・朝食無料♪>』、
部屋のタイプは『■禁煙■150センチワイドベット(温泉・朝食・LAN接続)(ここがポイント!
天然温泉付/大好評健康朝食バイキング/高速ネット接続無料/150cm幅ワイドベッド
採用/加湿器/空気清浄機)』。宿泊費は私にしてはちょっとお高めの6300円。自腹で
宿泊するのでクオカード付きプランはあまり意味がないものの、1000円を引いた実質的な
価格が安かったので、このプランにしました。

 
インテリアはスーパーホテル標準で、こう言うところはチェーンの良いところ。

 
水回りもシンプルで綺麗。(多分、清掃のしやすい規格ものなんでしょうね)
これで1日目が終了。翌日は因美線・姫新線の未乗車区間を乗り潰します。(次回に続く)

<2013/10/13乗車記録>
千葉06:52発 - (快速エアポート成田3463F) - 成田空港07:40着 / 08:30発 - (GK103) - 関西空港09:55着 / 10:18発 - (関空快速4138M) - 弁天町11:19着 / 15:00発 - (大和路快速3437K) - 大阪15:07着 / 15:20発 - (丹波路快速2743M) - 福知山17:39着 / 17:45発 - (普通リレー号441M) - 豊岡18:57着 / 19:08発 - (快速1185D) - 浜坂20:11着 / 20:36発 - (快速1547D) - 鳥取21:22着
普通運賃換算 千葉→成田空港 650円 / 関西空港→弁天町 1160円 /弁天町→鳥取 4310円 / 合計 6120円

(2014年9月26日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。