ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰本線 福知山-豊岡(2013/10/13)

2013.10.21 (Mon)
鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷで行く因美線・姫新線未乗車区間乗り潰しの旅です。
福知山駅
 
前回の続き)大阪から福知山行きの丹波路快速に乗車し2時間20分で福知山に到着。

福知山線の乗り潰しが完了し、次は山陰本線の列車に乗り換え鳥取へと向かうのですが、
その前に短い乗り換え時間で福知山駅を発着する列車を撮影。まずは綾部から舞鶴線へ
直通する東舞鶴行き普通列車。車輌は福知山電車区113系5300番台S7編成(抹茶色)。
 
 
続いて、北近畿タンゴ鉄道KTR8000形。北近畿タンゴ鉄道のホームはJRの北側西寄り、
正面から撮りたいもののJRとは改札が別のため不可能。ちなみに、JRと直通運転を行う
特急列車はJRホームに発着します。

 
最後は、これから乗車する山陰本線豊岡行き普通列車。車輌は223系5500番台F11編成。
では、この列車に乗車し終点豊岡へと向かいます。

和田山駅
 
福知山から約35分で播但線と接続する和田山に到着。和田山から先の山陰本線の区間は
2011年夏に乗車しているので新たな乗り潰し区間にはならないし夜間で車窓も楽しめず。
ここからは、ひたすら退屈な乗車時間が続きます(笑)。

豊岡駅
 
福知山から1時間10分で終点の豊岡に到着。豊岡は2011年にも乗り換えで利用しホームで
183系特急きのさきを夢中で撮影した印象深い場所ですが、夜に来るとまったく別の印象。
静まり返って発着列車の少ない田舎の駅と言った感じ。

 
次の列車まで乗り継ぎ時間があったので一旦改札を出て(前回は見られなかった)駅舎を
撮影。新しい橋上駅舎は2011年3月完成で、前回来たときからあったようです。

 
さて、急ぎホームに戻り次に乗車する浜坂行き普通列車を撮影。車輌はキハ47形2両編成。
豊岡から先の山陰本線は京都や福知山線から続く電化区間が2つ先の城崎温泉で終了、
普通列車のほとんどが豊岡止まりで車輌は気動車となります。

 
JR西日本では気動車の首都圏色単色化が進む中、後ろの車輌は播但線色。
このあとは浜坂行きの普通列車に乗車し浜坂へと向かいます。(次回に続く)


豊岡駅:兵庫県豊岡市大手町 / 1909年7月10日開業 / 2011年2月13日JR新駅舎完成

(2014年9月23日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。