ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋鉄道 中部国際空港-名鉄名古屋(2013/6/7)

2013.06.11 (Tue)
近鉄がナローゲージの内部・八王子線を廃止する意向が強まってきたので今回は週末に
名古屋に遠征し、内部・八王子線を含む未乗車、かつスルッとKANSAIでは乗車できない
名古屋寄りの近鉄路線を週末2日間で集中的に乗り潰す旅です。
成田空港
 
名古屋までの足は毎度おなじみジェットスター。約2ヶ月の期間限定で成田-中部国際便を
お試しで一日一往復運行中。ただ、搭乗した金曜日の夕方で搭乗率が3割程度だったため
終了後の路線再開は難しいかと。

今回は1月のフライトキャンセルでもらった8000円分のバウチャーを使ったので、実を言うと
タダ乗りなんですが、(前述のとおり)よっぽど席が余っているらしく、このところ毎週のように
ラッキーフライデーセールで100円、200円でたたき売り。タダ乗りだから許せるものの、もし
売出しの片道約4000円/往復約8000円で買ってたら腸煮えくり返ってましたよ。
 
中部国際空港駅
 
成田を出発すると数十分の水平飛行のあとすぐ降下。あっという間に中部国際空港に到着。
こんな短いフライト時間でも軽食販売はありジェットスターの商魂逞しさを感じましたね(笑)。
さて、フライトはあっという間でも名古屋市内まではまだまだ。ここからは名鉄で移動。

名鉄6500系
 
名鉄空港線に初めて乗車。(そうは言っても名鉄自体ほとんど乗車したことがありませんが)
仙台空港アクセス線と同様に、わざわざ乗りに来ないと一生乗る機会がないと考えていた
名鉄空港線に図らずも乗車することに。(そして復路に乗車したら当分乗らないんだろうなぁ)

名鉄2200系
 
名古屋まではこの特急列車を利用して約30分。(名鉄を知らない関東の人間からすると)
見た目から特急料金の必要な有料特急に思えますが、こちらは乗車券だけで乗車できる
普通車もある一部特別車の特急。(特別車と2000系ミュースカイは特別車両券が必要)
でも、中部国際空港始発で確実に座れることだし今回は小銭を節約して普通車に乗車。

名鉄に乗車したところで冷静になって普通の都内在住と仮定して所要時間を計算すると、
東京→成田、成田空港待ち時間、フライト時間、中部国際空港→名古屋の移動時間の
合計と高速バスがさほど変わらないので、まぁジェットスターが不人気なのの頷けますね。

コンフォートホテル名古屋チヨダ
 
名鉄を名古屋駅で下車して今宵の宿へ。今回宿泊するホテルは名古屋駅から徒歩15分
(と言うより地下鉄伏見駅が最寄りで徒歩5分)に位置するコンフォートホテル名古屋チヨダ。
宿泊プランは『【2連泊~】連泊限定ディスカウント→2泊以上割引◆朝食&コーヒー無料
1ベッドルーム◆シングルエコノミー◆ <禁煙>(10平米●ベッド幅95cm●全室無線LAN
/Wi-Fi無料●無料朝食(パン・おにぎり・サラダなど)・珈琲サービス●液晶テレビ●
洗浄機付トイレ●消臭スプレー)』。宿泊費は連泊割引があり2泊合計で8600円と格安。

 
ぱっと見、きれいに見えるけど、建物はかなり古く、期待した「コンフォートホテル」は寝具や
朝食サービスが共通化されているだけで、今まで宿泊したコンフォートホテルの中で最悪。
私の想像だけど、チヨダがダメで後からコンフォートのフランチャイズに加盟したって感じ。
(ブランドの良い点はどこでも同じ水準が期待できるところなのに、これじゃブランド毀損)

 
やっぱり設備の古さは水回りに現れますね。清潔に掃除してあっても古いものは古い。
(まっ、値段が値段だから我慢しろと言われればそれまでなんですが)

 
時間的には戻りますが、名古屋駅のマクドナルドでこの時期限定のポークタツタを購入。
まったくもう、夕飯とは別に食べてるんだからカロリー摂り過ぎ!!
これで初日が終了。翌日から2日間名古屋寄りの近鉄路線を乗り潰します。(次回に続く)


中部国際空港駅:愛知県常滑市セントレア1丁目 / 2004年10月16日(暫定)開業

(2014年8月29日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。