ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽海峡線 特急スーパー白鳥(2013/8/14・9/8)

2013.10.11 (Fri)
夏の青春18きっぷの旅で撮影した津軽海峡線特急列車を紹介します。
HE-202編成(木古内駅で撮影)
 
まずはJR北海道スーパー白鳥。車輌は函館運輸所789系0番台と増結用785系300番台。
2002年12月の東北新幹線八戸延伸にともない八戸-青森-函館を結ぶ列車として登場。
2010年10月の東北新幹線全線開業後は運転区間を新青森-青森-函館に変更。現在も
新青森で東北新幹線、函館でスーパー北斗・北斗に連絡する重要な列車ではあるものの、
2016年3月に予定される北海道新幹線新函館開業時に当然ながら廃止となります。
 
NE-303編成(茂辺地駅で撮影)
 
増結用の785系300番台。函館空港へ向かう途中、茂辺地駅のホームで撮影。ただ、日が
沈む直前で暗い上に準備する時間がなく突然カメラを取り出し撮影したのでブレブレ。

HE-105編成(青森駅で撮影)
 
続いて、8月お盆休み期間に撮影した写真。青森駅の構造上、津軽海峡線の特急列車は
(青森-新青森のたった一駅区間ですが)青森で方向転換。

 
 
この列車は増結車も789系(HE-302編成)。スーパー白鳥は基本的にHE-100番台編成と
HE-200番台編成を組み合わせた6両編成。これに繁忙期はHE-300番台編成または785系
300番台(NE-303編成)を増結。

NE-303編成(津軽今別駅で撮影)
 
次は津軽今別駅で撮影したNE-303編成。残念ながら、これも茂辺地駅での撮影と同様に
列車通過ギリギリに到着して準備する時間がなく突然撮影したのでブレブレ。

HE-102編成(津軽今別駅で撮影)
 
これは一番良く撮れたと思ったものの、前面展望から保線員のおっさんが覗いてました。

青森駅
 
最後はHE-103編成。青森駅で789系が見られるのもあと2年半。(八戸駅のエントリーにも
書きましたが)、旧東北本線で撮影した写真が1枚も無いことが今となっては残念です。
次回も夏の青春18きっぷの旅で撮影した津軽海峡線特急列車を紹介します。(次回に続く)

(2014年7月25日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。