ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海峡線 知内駅 #1(2013/9/8)

2013.10.09 (Wed)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
道の駅しりうち
 
前回の続き)江差線廃線区間の次は2014年3月で廃駅となる知内駅を訪れます。

ウィキペディアによると、知内駅は1988年に新湯の里信号場として開設。1990年に地元の
請願により知内駅となり旅客駅として開業。現在は(先月青森で訪ねた)津軽今別駅同様
特急白鳥・スーパー白鳥が1日2往復しか停車しないローカル駅となっています。

北海道新幹線に転用される海峡線の駅のうち竜飛海底、吉岡海底、知内の3駅はもともと
新幹線開業時に廃止の意向でしたが、試運転などの関係でホームを撤去するため2年前の
2014年3月で廃止することが正式に決定。結果、駅開設からわずか24年で廃駅となります。
 
知内駅
 
こちらが駅舎。と言うか、最初の画像の道の駅しりうちの建物から伸びる通路と言った感じ。
もちろん無人駅で、かつては道の駅しりうちにSきっぷの販売が委託されていたそうですが、
今は乗車券などは発売されず通路に乗車駅証明書発行機が設置されるのみ。

 
駅舎の通路を抜けると、この跨線橋に出ます。(道の駅しりうちの駐車場から撮影)

 
駅舎に掲示されていた運賃表と時刻表。蟹田-木古内は特急列車しか運行がない区間で
特例により区間内の利用に限り普通運賃のみで特急列車自由席が利用可能。(ただし、
特例区間外にまたがって(函館や青森まで)乗車する場合は全区間の特急料金が必要)

函館方
 
跨線橋から函館方を眺めると、こんな感じ。ホーム裏の待避線は2線設置されそうな様子。

青森方
 
反対側の窓越しに青森方も撮影。上り線で作業車が稼働中。つまり当分列車は来ません。
ホーム裏の待避線は撤去中なのか、それとも新しく敷き直しているのか?本線は少しずつ
三線軌条の枕木へと交換が進んでいるようです。(つまり、バラスト軌道のままなんですね)

 
続いて階段を下り上り線ホームへ。作業車が下り線ホーム裏に移動。(列車が来るかな?)

 
跨線橋をわたって今度は下り線ホームへ。逆光ですが、駅名票も入れて無理やり撮影(笑)。
次回も2014年3月で廃駅となる知内駅を紹介します。(次回に続く)



(2014年7月21日)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。