ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差線 桂岡駅・宮越駅(2013/9/8)

2013.10.04 (Fri)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
桂岡駅
 
前回の続き)江差から木古内まで順に江差線廃線区間の駅と撮影スポットを紹介します。

中須田の次は桂岡。駅舎は中須田と同じく車掌車を改造した待合室のみの無人駅。ただ、
中須田と違いホームへ直接入る通路がない(周りがフェンスで囲まれている)ので車掌車を
通り抜けないとホームへは行けません。(違法に線路横断するなどの方法を除く(笑))
 
江差方
 
ホームは単式1面1線。木製電柱が立っています。

木古内方
 

 
かつてはホーム裏に貨物側線と貨物用ホームもあり今も遺構が残っていました。

宮越駅
 
桂岡の次は宮越。単式ホーム1面1線の無人駅。ウィキペディアによると、設置されている
木造の待合室は他駅から旧待合所を移設したもので昔はプレハブ小屋だったらしい。

江差方
 
ホームには点字ブロックが設置してあり微妙にバリアフリー化。

木古内方
 
次の湯ノ岱までは自然豊かな渓谷沿いの区間で途中に天の川モニュメントがあります。
次回も江差線の各駅を順に紹介します。(次回に続く)



(2014年7月14日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。