ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差線 上ノ国駅・中須田駅(2013/9/8)

2013.10.03 (Thu)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
江差-上ノ国
 
前回の続き)江差から木古内まで順に江差線廃線区間の駅と撮影スポットを紹介します。

江差を出発すると西側に日本海を見ながら上ノ国まで南下。この写真は草むらをかき分けて
線路を見下ろす高台から撮影。一応、塀で囲まれた立ち入り禁止っぽい私有地に入ったり
線路は横断していないけど、ここが撮影OKか不明。(まぁもう撮っちゃったから許して(笑))
 
 
後追いも撮ったけど、何だか良く分かりませんね。

上ノ国駅
 
江差の次は上ノ国。ウィキペディアによると、上ノ国町の中心駅で、廃線時点では北海道
最西端の駅。国鉄末期まで駅員配置駅、そのあと簡易委託駅、廃止時は無人駅。駅舎は
(写真で見ると)立派な建物に見えますが、商工会、観光案内所との複合で駅舎としては
手前の部分のみで、私の訪れた日曜日はあらかた施錠されて無人の建物でした。

木古内方
 
ホームは単式1面1線。側線は残されているものの使用されていません。

江差方
 
反対側のホームは鉱業所から運搬されたマンガン鉱石積込用貨物用(1965年廃止)。

中須田駅
 
上ノ国の次は中須田。単式ホーム1面1線の無人駅。

 
駅舎は車掌車を改造した待合室のみ。

 
運転手の後方確認用ミラーに私が写っていますね(笑)。
次回も江差線の各駅を順に紹介します。(次回に続く)



(2014年7月10日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。