ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道新幹線 新函館(仮称)駅 #3(2013/9/8)

2013.10.01 (Tue)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
新函館(仮称)駅完成予想図
 
前回の続き)前回に続き建設中の北海道新幹線新函館(仮称)駅を紹介します。

これは現場に掲示されていた完成予想図。新函館(仮称)の概要は相対式ホーム2面2線の
地上駅で在来線とは平面で乗り換え可能。駅舎は(新函館開業ウェブサイトの文言を
そのまま引用すると)トラピスト修道院のポプラ並木のイメージを反映したデザイン案を採用。
橋上駅舎でホーム全体が屋根で覆われるようです。
 
 
これは渡島大野駅への連絡通路入り口から撮影した新幹線駅舎。この棟上げが始まった
鉄骨が新幹線ホーム中央あたりの橋上駅舎だとすると、在来線ホームは函館方に移動?

 
その駅舎と思われる部分を横から見ると、こんな感じ。

 
これは函館方から建設が始まったホームを覆う屋根。(ここまで全てフェンス越しに撮影)

 
最後は渡島大野駅の駐車場に設置されていた看板。
北海道新幹線開業は2年半後の2016年3月ダイヤ改正時。
(車輌はE5系のまま?(笑))
江差駅
 
さて、新函館駅を撮影したあとはクルマを飛ばして国道227号を西に進み江差町に移動。
(まっ「飛ばして」と言ってもレンタカー屋でネズミ捕りが多いと脅されたのでほどほどですが)
ここからは江差から木古内まで江差線廃線区間の各駅と撮影スポットを順にめぐります。

 
最初は終点の江差駅。江差で記念に青春18きっぷ最後の1回に入鋏スタンプを捺してもらい
この日初めて青春18きっぷを使用。(先に言っちゃうと、もちろん最後の1回は元は取れません)
次回から江差線の各駅を順に紹介します。(次回に続く)



(2014年7月6日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。