ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

docomo版iPhone5sでXiデータSimを使う

2014.04.26 (Sat)

docomo版iPhone5sパーフェクトガイド (超トリセツ)docomo版iPhone5sパーフェクトガイド (超トリセツ)
(2013/10)
不明

商品詳細を見る


これまでブログに記載したとおりiPhone5sを購入したときの回線はデータ化した上で3円で
維持して寝かしてあり基本的にWi-Fiオンリーでの運用ですが、これでは不便なので
親回線のFOMAのSimをXperiaSO-04Dで使いプラスXi割のXiデータSimをiPhone5sに挿入。
なおFOMAはspモードを外してあり3Gでも通信できないのでXperiaはネットをしたいときだけ
Bluetoothテザリングでネットをするように使い方を変えました。

まぁ当初の計画ではFOMAのSimをiPhone5sに挿してiPhoneを通話、Xperiaをネット専用、
iPhoneはWi-Fiテザリングでネットを使うつもりだったけど、iOSが7.1からFOMAのSimでは
電波を掴まない仕様になり、結果として予定とは役割担当が逆になってます。ちなみに、
Androidは昨年あたりの機種からFOMAのSimでは通信通話はできないように機能制限が
掛けられていますが(これはdocomoでSimロック解除しても解除されない)、SO-04Dでは
LTE SettingアプリでWCDMAに固定すればFOMA Simが使えます。

ただ、やっぱり怖いのはiOSのヴァージョンアップによる仕様変更ですね。現状Android用の
Xi+spモードで通信できているけど、いつ出来なくなるか。公認されていないだけに心配です。
 

リマーク ジャパン NanoSIM カッター 3種のアダプタ付 iPhone5/iPhone4S/4用 通常サイズのSIMをnanoSIMサイズに簡単にカットリマーク ジャパン NanoSIM カッター 3種のアダプタ付 
iPhone5/iPhone4S/4用 通常サイズのSIMを
nanoSIMサイズに簡単にカット

()
Remarks Japan

商品詳細を見る


FOMAのSimはMicroサイズにカットしても接点部分が切断される心配がなかったので、昨年
購入したSimカッターでカットしましたが、XiのMicroサイズのSimはNanoサイズにカットすると
接点部分を多く切り取ることになり中の基板も傷つける心配があったので、有料(2160円)で
Simを交換しました。ネットで検索しても、Xi SimをNanoサイズにカットして使えなくなったとの
書き込みが散見されたので、私はカットはおすすめしません。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。