ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【備忘録】Xiパケ・ホーダイforiPhoneをデータ化

2014.04.13 (Sun)

アップル docomo iPhone 5s 16GB ゴールド ME334J/A 白ロム Appleアップル docomo iPhone 5s 16GB ゴールド 
ME334J/A 白ロム Apple

()
アップル

商品詳細を見る


ツイッターにツイートしてたとおり、3月に一括0円でdocomo版iPhone5sを購入。
(実際にはau版iPhone5解約料9975円+MNP手数料2100円+契約料3150円支払い)

当初はau同様、パケットフラットとspモードを外して3円で維持(※)するつもりでしたが、
ネット上に回線をデータ化して3円で維持する方法が出ていて、データ化なら
月々サポートが維持され後日復活させデータ回線として使用する道が残されるので
今回は通話を放棄して(もともとメインのFOMAもあるし(笑))データ化することに。

さて、実際3月中に行った料金プラン変更をまとめると・・・
 
docomo 

まずは、Xiパケ・ホーダイ for iPhoneをAndroidで使えるXiパケ・ホーダイに変更。
続いて、Xiパケ・ホーダイをデータ回線のXiデータプランフラットにねんに変更しました。

ここでのポイントは二重課金の回避と月々サポートの維持で、パケホfor iPhoneから
直接データフラットへの変更は同等プランの移行とみなされず両方のフラット定額を
支払わされますが、パケホfor iPhone→パケホとパケホ→データフラットは同等プランの
移行とみなされ(上記の明細のとおり)移行後に前のパケット定額が相殺されます。

また、月々サポートは(当たり前ですが)対象の料金プラン加入が絶対条件で、例えば
最初にやろうとしたパケホ(とspモード)外しは月々サポートも放棄さるので、変更の
途中も対象料金プランであることが必須です。(今回のプランはどれも対象で問題なし)

なお、料金プランの変更は月2回まで手数料無料。パケホfor iPhoneは一度変更したら
新たにiPhoneを購入しない限り二度とパケホfor iPhoneの料金プランには入れません。
あと、のりかえ割もデータ化の際に放棄するので再び音声化しても割引は復活しません。

現状は、この変更時に翌月のデータプラン2にねんの予約を入れてパケ漏れしないよう
spモードも外して寝かせてあるのですが、(前回のエントリーに書いたとおり)Xperiaの
月々サポートがあと3ヶ月で終了するので8月からフラットで復活させる予定でいます。


※4月からのりかえ割の条件にパケット加入が付いたので今外すと3円で維持できません

注意:Xiパケ・ホーダイfor iPhoneのデータ化は今後も可能かどうかは不明でDSや151で
断られるようになったら素直に従ってください
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。