ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田車両センター115系(2013/8/18)

2013.09.02 (Mon)
高尾駅
 
時間的に前後しますが、北海道&東日本パスの残りを使用して撮影した富士急行線の
車輌を紹介します。まずは豊田車両センター115系。塗色は今や残り少ない横須賀色。
高尾から河口湖まで直通列車が115系で一往復運転されていて高尾-大月は(このように)
6両編成。大月で後ろ3両を切り離し富士急行線は3両で運転。復路は大月で切り離した
3両を連結して大月-高尾は再び6両編成で運転されます。
 
寿駅
 
今回は、その高尾発河口湖行きの直通列車に乗車し富士急行線寿駅で下車。そのあと
寿-三つ峠のちょうど中間ぐらいにある撮影ポイントまで歩いて行き列車を撮影。ちなみに、
寿駅は単式ホーム1面1線の無人駅で自動券売機どころか(このように)駅舎もなし。

 
河口湖から折り返してきた115系を待ち受けて撮影。

 
こちらは中央線快速用のE233系で運転される東京-河口湖の直通列車。115系と違って
富士急行線内を6両編成で運転。(もっとも3両に分割できるE233系が元々ないけど)

相模湖駅
 
帰路の相模湖駅でM11編成を撮影。こうして横須賀色を見てると113系を思い出しますね。



(2014年5月10日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。