ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い森鉄道 野辺地-八戸(2013/8/15)

2013.08.24 (Sat)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
野辺地駅
 
前回の続き)下北から運休列車に代わって運転された代行バスに乗車し野辺地に到着。

大湊線を乗り潰せないまま青い森鉄道と大湊線の接続駅の野辺地に戻ってきました。
(写真右の)代行バスを下車して、まずは駅舎を撮影。本来の計画どおりの乗り鉄であれば
往路は青森から直通の大湊行き、復路は大湊から直通の八戸行きの列車に乗ったので
この駅舎は見られなかったはずですが、運休のお陰(?)で撮影することができました(笑)。
 
 
線路の南側には日本最古の鉄道防風林。野辺地町のウェブサイトによると、開通当初の
東北本線はこの地方の冬季の列車運行が連日の雪害によって極度の困難に直面。そこで
林学者本多静六氏が森林を用いた鉄道の防雪を日本鉄道株式会社重役の渋谷栄一氏に
進言。直ちに採用されて第一次設置箇所を決定。翌年一斉に造林が実施され野辺地町の
鉄道防雪林が誕生したそうです。

 
野辺地から乗車する列車は大湊線区間が運休になった快速しもきた八戸行き。(前にも
書きましたが)、青い森鉄道線の列車のうちJR非電化路線の大湊線、津軽線、八戸線に
直通する列車はJRの気動車で運行。(車輌はキハ100系)

八戸駅
 
列車は野辺地を出発すると、上北町、(2012年に十和田観光電鉄撮影時に寄った)三沢、
(青森県にあるのに(笑))下田と停車し約40分で終点の八戸に到着。ちなみに、ここまで
乗車した青森-野辺地-八戸が青春18きっぷでも通過で乗車できる特例区間。そのためか
乗客もそこそこ多く車内は結構な混雑でした。

さて、このあとは青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道を乗り継いで盛岡を目指すのですが、
八戸以北と以南で乗り継ぎが悪く待ち時間が結構あるので、まずは発着する列車を撮影。

 
今回は八戸駅で撮影したJRの気動車をまとめて紹介。最初は八戸線のキハ40系3連。
車輌は昨日に津軽線でも乗車した八戸運輸区キハ40系。リニューアル工事されておらず
原型をとどめていると鉄道ファンには人気(地元民からはおんぼろと嫌われもの)の車輌。
最後尾はキハ40形564。

 
真ん中は車体前面の上半分が赤く塗装された通称「赤鬼」。車輌はキハ40形538。

 
先頭はキハ40形545。三陸鉄道も全線再開するし来年こそは八戸線に乗りたいですね。

 
別の列車のキハ40形563。後ろの車輌も撮影したかったのですが、発車間際で撮影できず。
このあとは二戸行きの普通列車に乗車し金田一温泉へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。