ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥羽本線・青い森鉄道 青森駅(2013/8/14)

2013.08.23 (Fri)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
青森駅
 
前回の続き)前回に続いて青森駅を発着する列車を紹介します。

これは青森県内の旧・東北本線の経営を引き継いだ青い森鉄道の車輌で青い森701系。
その名のとおりJR東日本701系とほぼ同一。第三セクター転換時にJR東日本から譲受した
0番台2連*8本と(この写真の)自社新製の100番台2連*1本が在籍。塗色は水色を配した
青い森鉄道オリジナル、側面にキャラクターのモーリーが大きく描かれています。2011年に
撮影したときは譲受車はJR時代のままモーリーのステッカーを貼って使用していましたが、
現在は全車輌青い森鉄道のデザインに塗装が変更されたそうです。
 
 
最後は、これを撮るために早めにこの日の乗り鉄を終わらせたと言ってもいい、お目当ての
寝台特急あけぼの。DE10形ディーゼル機関車に牽引されて青森駅に入線。

 
寝台特急日本海の定期列車が2012年3月に終了し臨時列車も2013年3月を最後に今夏は
設定がないため寝台特急あけぼのも行く末が心配されますが、東北新幹線全線開業時も
残されたし、ほかの寝台列車と違いJR東日本1社管内運行だし、まぁ当面は大丈夫かと。

※追記:2013年12月にJR東日本が2014年3月ダイヤ改正で臨時列車化(廃止?)を発表

 
前照灯が点灯。ちなみにホームに撮影者が20人ぐらいいました。(お盆期間で少し多め?)

 
まもなく上野に向けて出発。(動画は撮らないので跨線橋からお見送り)

Hotel & SPA 青森センターホテル
 
さて、寝台特急あけぼのを見送ったあとは予約してあるホテルにチェックイン。今夜の宿は
駅から徒歩10分のところにあるHotel & SPA青森センターホテル。宿泊プランは『★温泉で
ゴクッ~と生ビール!【青森駅に近い天然温泉付】温泉・サウナ・露天&朝食(バイキング)付』
部屋タイプは『【禁煙】エコノミーシングル・天然温泉付ホテル(部屋・エコノミーシングル
11~12平米のお部屋。ベット幅は1100mm シングルベット、TVは液晶17インチです。) 』。
宿泊費は4980円。温泉入浴と生ビール、朝食が付いてこの値段とは安い!!

 
水回りの写真を載せていますが、温泉併設だと正直どうでもいい(笑)。部屋に置いてある
館内着のまま青森まちなかおんせんに行かれるし風呂あがりに生ビールが飲めて最高。
これで3日目が終了。翌日は大湊線と旧・東北本線を乗り潰します。(次回に続く)

<2013/8/14乗車記録>
弘前08:00発 - (弘南鉄道弘南線) - 黒石08:29着 / 08:50発 - (弘南鉄道弘南線) - 弘前09:19着 / 09:39発 - (643M) - 青森10:27着 / 10:37発 - (329M) - 蟹田11:17着 / 11:21発 - (331D) - 三厩12:00着 / 12:46発 - (336D) - 津軽二股13:01着 / 15:37発 - (340D) - 蟹田16:02着 / 16:54発 - (342M) - 青森17:35着
普通運賃換算 大館→三厩 1620円 / 三厩→津軽二股 200円 / 津軽二股→青森 950円 / 合計 2770円(別途 弘南鉄道弘南線 450円@2)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。