ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽線 津軽二股-蟹田(2013/8/14)

2013.08.22 (Thu)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
津軽二股駅
 
前回の続き)津軽二股から青森行きの普通列車に乗車し蟹田へと向かいます。

津軽今別駅で貨物列車が撮影できず何ら成果を残せないまま津軽二股駅に戻りホームで
次の蟹田行きの普通列車を待っているとやってきた列車は今朝も乗車したキハ40形568。
非冷房で暑くてたまらないのか前面貫通扉を開けっ放しにして車内に風を通しながら走行。
 
大平駅付近
 
これは大平駅近くの車窓に見えた北海道新幹線と在来線(海峡線)の合流地点。(左奥)
建設中の高架が北海道新幹線で、その下をくぐる(実際に、くぐっているのは下り線のみ)
高架が現在本州と北海道を結ぶ列車が行き来している海峡線。

 
津軽線が建設中の北海道新幹線の高架をくぐった位置から見ると、こんな感じ。海峡線の
高架は新幹線高架の手前でふた手に別れ新幹線高架の左右から上り下り線がそれぞれ
合流。なお、海峡線の逆方向は、この先の新中小国信号場で津軽線と合流します。

蟹田駅
 
津軽二股から25分で蟹田に到着。このまま青森に戻ることもできますが、復路は途中下車。
夕方で1時間弱待てば次の列車があるので、それまで駅周辺を見て回ります。

 
小説「津軽」の中で太宰治が「蟹田ってのは風の町だね」と書いたらしいが、今日の津軽は
とにかく蒸し暑くて風が欲しい。(笑)

 
改札を出て駅舎を撮影。そのあと駅前市場「ウェル蟹」を少しのぞいてから再び駅に戻り
待合室や駅構内を撮影。

 
待合室には「トゲクリガニ観光駅長(動物駅長)」が入っていた水槽が残されていました。
説明書きによると、トゲクリガニは地元特産の蟹で4-5月に水揚げ。2012年5月に駅長に
就任、2013年3月末で勇退、現在は観光駅長をモチーフにしたキャラクターのオブジェが
水の抜かれた水槽内に置かれてました。

 
青森行きの特急白鳥を撮影。北海道&東日本パスの津軽海峡線における特急券不要の
特例は青春18きっぷと同じで、それ以外に別途、自由席特急券を購入すれば特急白鳥や
スーパー白鳥に乗車できる特例もあり500円払えば乗車できるのですが、今回はパス。
(ただ、今考えると撮影をパスして乗っておけば良かったのかと少し思う(笑))

ちなみに切符には「同一列車で乗車する場合」とはっきり記載があるので、蟹田停車中に
一度改札を出て乗り直しても両方の特例を同一列車に適用することは完全にアウトです。
このあとは青森行きの普通列車に乗車し青森へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。