ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥羽本線・津軽線 弘前-青森-蟹田(2013/8/14)

2013.08.21 (Wed)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



弘前駅
 
前回の続き)弘前駅から青森行きの普通列車に乗車し青森へと向かいます。

奥羽本線の普通列車乗車前に弘前駅東側の駅前に出て城東口と弘南鉄道駅舎を撮影。3日目の主な目的は津軽線の乗り潰しで、このあとは青森へ移動し津軽線の列車に乗車。蟹田を経由して終点の三厩まで行ってから北海道新幹線の新駅が建設される津軽二股駅まで戻り、新駅建設前の津軽二股駅・津軽今別駅を撮影し再び青森に戻ってくるだけの(連日の長距離移動に比べれば(笑))ライトプラン。
 
乗車前にまずはホームに停車している車輌を撮影。これは五能線色のキハ48形。帯のデザインは昨日秋田駅で見た男鹿線色と同じで配色が青。

 
青森行きの普通列車に乗車。(車輌は701系N13編成)

青森駅
 
弘前から45分で終点の青森に到着。改札を出る暇もなく津軽線の普通列車に乗り換え。

 
こちらが次に乗車する列車は蟹田行きの普通列車。津軽線の普通列車は、青森-蟹田は三厩まで直通する1往復をのぞき701系電車、蟹田-三厩はキハ40系気動車による区間運転(青森に直通する1往復をのぞく)なので、蟹田で乗り換えが必要。(車輌は701系N-1編成)

 
青森を出てしばらく北上すると車窓左手に建設中の北海道新幹線(新青森-奥津軽(仮称))の高架が見えてきました。ちなみに、津軽線は北海道新幹線開業後も並行在来線としては扱わずJR東日本による運営が続きます。

中沢駅
 
中沢駅で特急白鳥と列車交換。青森-蟹田は本州と北海道を結ぶ津軽海峡線の一部として特急列車と貨物列車の運転がメインで、(私の乗車した)普通列車はそれらの間を縫うようにだいたい2時間に1本運転。(車輌は485系3000番台)

蟹田駅
 
青森から約40分で蟹田に到着。蟹田で三厩行きの普通列車に乗り換え。青森-蟹田の普通列車が広域輸送の合間のダイヤとはいえ2時間に1本の運転があったのに対し蟹田-三厩は1日5往復しかないローカル線区間となります。



このあとは三厩行きの普通列車に乗車し三厩へと向かいます。(次回に続く)



(2015年6月6日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。