ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘南鉄道弘南線 弘前-黒石(2013/8/14)

2013.08.20 (Tue)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



弘前駅
 
前回の続き)3日目は弘前駅からスタート。青森へ行き三厩まで津軽線を乗り潰します。

津軽線の蟹田-三厩は運転本数が少なく朝イチの列車に乗車するには弘前の出発は早朝5時半。さすがにそれは無理なので、次の2本目の列車に時間を合わせると今度は弘前出発が9時半。まぁ正直言って9時まで寝ていてもイイのですが(笑)、せっかく青森まで来て朝寝坊ではもったいないのでまずは弘南鉄道の乗り潰し。JR乗車前に弘南鉄道弘南線を往復します。
弘南鉄道7000系
 
乗車する車輌はデハ7012+デハ7022の2両編成。赤い帯で「さくら 館田温泉」のヘッドマークを掲出。ここは2011年にラッセル車見学イベントで駅ホーム内には入場していて訪問は二年ぶり。そのときのブログに「弘南鉄道弘南線が未乗車なので乗りたい」と書いており、念願かなって乗り潰し。(ただ、正確には「黒石で黒石つゆ焼きそばを食べたい」と書いていて、それは今回も先送りになるんですが(笑))

 
ホーム端から黒石方面を眺めると、こんな感じ。左が弘南鉄道弘南線、右側が奥羽本線。弘南鉄道とJRの間には架線のない渡り線があり車輌の譲受などに使われるそうです。

田んぼアート駅
 
7月27日に尾上高校前駅と田舎館駅の間に田んぼアート駅が開業。駅近くの弥生の里公園にはかつて弘南鉄道で使われていた気動車3両が静態保存されいて(※)車窓からそれらの車輌が見えました。

※追記:2013年11月老朽化により解体

黒石駅
 
弘前から約30分で終点の黒石に到着。ホームは頭端式1面2線。この列車が停車しているホームが1番線で反対側が2番線。そのとなりに廃線となった黒石線の遺構が残っていました。

 
側線にデハ7011+デハ7021の2両編成が留置。

 
駅舎を撮影してから折り返しで弘前行きとなる乗ってきた列車に乗車し弘前にとんぼ返り。次回こそは黒石つゆ焼きそばを食べたいですね。



このあとは弘前駅に戻り奥羽本線の列車に乗車して青森へと向かいます。(次回に続く)



(2015年4月15日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。