ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥羽本線 秋田-大館(2013/8/13)

2013.08.19 (Mon)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



秋田駅
 
前回の続き)新庄から秋田行きの普通列車に乗車し約2時間50分で終点の秋田に到着。

昨年大晦日に下車したときは西口駅前のホテルに宿泊し西口側しか見なかったので今回は東口側に一度出てみました。と言っても、商業施設は西口側のほうが多いので駅舎を撮影したらすぐに東西連絡自由通路を通って西口のステーションビルトピコへ行き秋田名産品で昼食。
秋田比内地鶏や
 
選んだお店は大晦日に閉店時間で入ることが出来なかった秋田比内地鶏や。注文したメニューは(秋田と言ったらもちろん)比内地鶏の究極親子丼!! まっ見たとおり、ふわとろで味は良かったのですが、器がちょっと上げ底でボリュームが物足りなかったかも。

 
さて、比内地鶏の親子丼で遅めの昼食のあとは駅に戻り次の列車乗車まで少し撮影。ここで秋田新幹線のホームに新幹線E6系が入線。E6系は3月のデビュー以来、凄い勢いでE3系を置き換えていて近い将来E6系に車両が統一される秋田新幹線ですが、最後に製造されたE3系の編成は10年も経過しておらず廃車には早すぎ。噂では、車齢の新しい編成は山形新幹線に転用して玉突きで山形新幹線用1000番台が廃車になると言われていますが、果たしてどうなる?

ちなみに、先にネタばらしすると最終日は盛岡から新幹線で帰京する予定で盛岡から乗車するのにわざわざスーパーこまちの指定席を予約済み。最後にE6系乗車の楽しみがとってあります。

 
閑話休題。大館行きの普通列車に乗車。再び奥羽本線を北上します。(車輌は701系N-2編成)

 
途中駅で特急つがるE751系A-101編成と列車交換。

大館駅
 
秋田から1時間半で秋田内陸縦貫鉄道と接続する鷹ノ巣に到着。鷹の巣以北は2011年のJR東日本パスの旅で乗り潰しているので一応鷹の巣到着で奥羽本線の乗り潰しは完了。その後もそのまま乗り続け秋田から約1時間50分で終点の大館に到着。

車内アナウンスで秋田から乗車してきたN-2編成がそのまま次に乗車する青森行きになると言うので、701系ではなく隣のホームに停車していたE751系A-103編成を急ぎ撮影。

 
青森行きの普通列車発車まで時間があったので改札を出て駅舎を撮影。ただ、大館駅は2011年に駅近くのホテルに宿泊していて特に見て回りたいところはなし。

 
これが駅前にある大館鶏めし駅弁を製造販売している花善。食堂(営業9:00-15:00)もあり店内で鶏めしをいただくこともできます。



このあとは青森行きの普通列車に乗車し大鰐温泉へと向かいます。(次回に続く)



(2015年3月23日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。