ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥羽本線 米沢-山形(2013/8/13)

2013.08.17 (Sat)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



山形駅
 
前回の続き)米沢から山形行きの普通列車に乗車し山形へと向かいます。

米沢から山形までの区間は普通列車の運転がおおよそ1時間に1本あり移動が楽な区間。しかも以前に高畠駅で下車して太陽館の温泉で入浴したり赤湯駅近くの赤湯温泉を訪れたりと何度か来ているので沿線はスルー。米沢から約45分で終点の山形に到着。
 
山形駅では乗り換え時間がたっぷりあるので改札外に出て駅舎を撮影。山形で下車したのは2010年南東北周遊の旅以来3年ぶり。前回は街に出て冷やしラーメンを食べたものの今回は先を急ぐので駅舎を撮影しただけで終了。

 
改札内に戻り山形線ホーム端から新庄方面を撮影。正面が山形線、右側が山形新幹線の標準軌、左側が左沢線、仙山線の狭軌。山形-羽前千歳は標準軌と狭軌の単線並列で、仙山線は東側(写真だと右側)方向に進むため羽前千歳駅で狭軌と標準軌が平面交差します。

 
続いて、狭軌の左沢線、仙山線ホームに移動。今回は主に左沢線用のキハ101形を撮影。ウィキペディアによると、左沢線用の気動車は専用のキハ100系101形。車体塗色はほかのキハ100系と異なり独自の白地にブルー。側面に「FRUITS LINER」の文字が入っています。まずは、ホームに入線していたキハ101-5(+後ろの車輌は不明)

 
続いて、留置されていたキハ101-11+キハ101-3。

 
次も留置されていたキハ101-6+キハ101-8。

 
最後は山形線ホームから山形新幹線を撮影。撮影を始めたらタイミングよくE3系1000番台が入線。車輌は3本ある1000番台のうち1999年の新庄延伸時に増備された古参のL52編成。

 
そのL52編成に乗車したわけではないものの、次の新庄行き普通列車に乗車するには山形駅で1時間以上待たされる上に新庄から先の接続も悪く目的地の到着が夜遅くなってしまうので今回は山形新幹線を利用して山形-新庄はワープします。(車輌はE3系L71編成)



このあとは新庄行きの山形新幹線に乗車し新庄へと向かいます。(次回に続く)



(2015年3月22日更新:誤字訂正)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。